GAMILOG
出張族が見つけたいろんなモノやコト

鹿児島のお土産にはまだ定番ではない薩摩じねんやの花林糖饅頭(かりんとうまんじゅう)がおすすめです

鹿児島にIターン就職したガミです。
鹿児島は本当に素敵な場所。
鹿児島に住み着いてそろそろ20年になります。
きれいな自然も、おいしい食べ物も沢山あり、魅力的な土地です。
そんな鹿児島から、年に2回盆と正月に帰省します。
悩むのがお土産なんですよねぇ。
一通り、鹿児島お土産は買っているので、新規開拓するのが大変。
そんななか、ここ2,3年お気に入りのお菓子屋さんがあります。
それが薩摩じねんやです。

薩摩じねんやとは

鹿児島の平川というところに本店を構えるお菓子屋さんです。
洋菓子から、和菓子までを手掛けています。
本店は鹿児島の中心部からは離れているので、私は紫原(むらさきばる)店をよく利用します。
f:id:gami_bookmark:20161225122245j:plain

きれいな店舗です。
f:id:gami_bookmark:20161225122719j:plain 店舗では、じねんやが手掛けている沢山の種類のお菓子をすべて買うことができます。

最近は空港や、鹿児島中央駅にも出店していますので、見つけてみてください。
ただし、こちらでは主力商品のみの販売が多いです。
でも、その主力商品が今回ご紹介するお土産ですので、大丈夫ですよ。

かりんとう饅頭

で、今回ご紹介するのがその主力商品である、花林糖饅頭 口笑口笑(かりんとうまんじゅう しょう×しょう)です。
f:id:gami_bookmark:20161225122951j:plain

このお饅頭、鹿児島の離島の喜界島の黒蜜をたっぷり練りこんでいます。
甘すぎないので、胃もたれすることもないです。
結構パクパク何個でもいけそうになるので要注意です。

外がカリカリ、中がフワっとした、なんとも不思議な食感でこれが癖になりますね。
かりんとう饅頭という名前の通り、味はかりんとうのような懐かしい味です。
熱い緑茶はもちろん、コーヒーにもあうと思いますよ。

なお、賞味期限が1週間とすこし短いことが注意点です。

お土産として

まだまだメジャーなお土産(かるかんや、薩摩スイートポテトなど)と比べると知名度が低いのでの雰囲気を演出できます。
原材料に鹿児島の名物である黒糖を使っているのもいいですね。
黒糖が名物ということを知っている人もそんなに多くはないと思いますので、話のネタになります。
また、鹿児島のもう一つの名産品であるお茶を使った味もあります。
f:id:gami_bookmark:20161225123319j:plain

こちらも鹿児島っぽいですし、おすすめですよ!

新しい鹿児島土産として

子供はチョコレート大好きですが、年配の方にはお土産として送りづらいですよね。
今回ご紹介した花林糖饅頭は懐かしい甘さのあるお菓子です。 お年寄りから子供まで気に入ってもらえるんではないでしょうか?
家族全員で食べてもらえるお土産として優秀なお菓子だと思います。
ぜひ、鹿児島にいらっしゃった際にはお土産の候補として考えてみてください。