"くらし" と "1人旅" をちょっと豊かにするブログ

出張族の私がおすすめするJAL クラスJでのフライトの魅力。

年間100泊程度出張しているガミです。
飛行機の登場回数も年間100回に届こうかという勢い。
我ながらがんばってますねww

そんな私は基本的には会社の指示でスカイマークを利用してます。
が、時間が合わなかったり、もろもろの理由でスカイマーク以外も使うことがあります。
その場合には私はJALを利用します。
その理由はJALクラスJにあります。

そんなクラスJの魅力を今回はご紹介です。

なお、JAL派 / ANA派別れるとこだと思います。
みなさんはどちらでしょうか?
今回は、そのレベルではなく、クラスJというJALのサービスの純粋ないいところをご紹介したいとおもいます。

クラスJとは?

クラスJというのは、JALが主に国内線で提供しているサービスです。
簡単にいうと「ふつうの席よりもグレードのいい席に座れる」サービスですね。
JALに乗ると前方に何席かあると思います。
最近の国内線にはファーストクラスもあるようで、前方より

  1. ファーストクラス
  2. クラスJ
  3. 普通席

になっていますね。
ファーストクラスもいつか乗ってみたいものです。

ゆったり座れる座席

クラスJの座席は、普通の席と比べると体感で1.5倍くらい広いです。
前の席との間隔もそのくらい広いですね。
席数も、普通席が2列ー4列ー2列の配列に対して、2列ー2列ー2列の余裕。
f:id:gami_bookmark:20161220183830j:plain

とにかく、窮屈さを感じません。
なによりも、椅子の肘掛けなども広く取られており、ゆったりできます。
f:id:gami_bookmark:20161220181651j:plain 肘掛け合戦しなくていいですね。

シート自体も革製のもので、かなり座りやすいです。
少し前のクラスJのシートって座面が狭かったんですが、解消されてます。

毛布もクラスJ専用だったりして少しうれしい。
f:id:gami_bookmark:20161220182512j:plain まぁ暖かさはかわんないすけど…

快眠装備

クラスJは快眠のための装備が満載ですね。
早朝、最終などのフライトでは爆睡できます。
特に私はフットレストと、頭を置く場所を固定できるシートが快適だと感じました。

まずは、フットレストですが、これ、本当に楽です。
f:id:gami_bookmark:20161220182747j:plain 足のむくみが軽減できますね。
そもそも、飛行機で不快な要員の1つが、足を伸ばせないことだと思います。
が、フットレストですと、思いっきり伸ばせるのです。
これ、ほんとうにいいです!

もう1つのシートの頭を置くところなのですが、説明が難しい… こんな感じです。
f:id:gami_bookmark:20161220183009j:plain

頭を載せるところの両端を折り曲げることができるんです。
ここに頭を持たれかけると頭を固定することができ、頭がガックンとすることがないです。
おかげでぐっすり寝れます。

ドリンクサービスではスープを

ドリンクサービスもうれしいサービスですね。
コーヒーや、リンゴジュースなどから選ぶことができます。
おかわりも勧めていただけるんですよ。
そんなドリンクサービスの中で私は必ずコンソメスープを頼みます。
f:id:gami_bookmark:20161220184041j:plain このスープ、かなりうまいです。
お店で飲むスープと遜色のないですね。
具はまったく入っていないのですが、スープだけでもかなり満足です。

このスープ人気があるのか、売られています。
私は家でも飲みたくて、何度も買ってしまいましたよ。

で、お値段1,000円

これだけ、ゆったり過ごすことができる席に、+1,000円でアップグレードできます。
私にとっては、魅力的なサービスなので、空いていれば必ず抑えます!
繁忙期の飛行機などで普通席にて、大柄の外国人の隣になったら、もう最悪ですよね…

特に小さいお子さんがいらっしゃる場合にもおすすめです。 お金がかからないかわりにお子さんの席はないですよね。
そんな時にクラスJにしておけばゆったりですよ。
また、他のお客さんとの距離も普通席よりはありますので、騒いでもそこまで気にならないです。

とにかく、私はクラスJのためだけにJALに乗っていると言ってもいいかもです。
騙されたと思って一度乗ってみてください!
普通席に乗るのが苦痛になりますよ!