旅、音、食、モノをキーワードに出張族がお届けするナンデモ発信メディア

[お気に入りレコード]Art Blakey and The Jazz Messengers/mosaic

ファンキー・ジャズの元祖といえばこの人ですね。

ジャズ史上最も有名なドラマーではないでしょうか?

 

そんな彼はもちろん名盤がたくさんあります。

正確には、彼というよりもArt Blakey and The Jazz Messengers

有名なジャズマンをたくさん排出した素晴らしいグループですね。

 

今回はそんな彼ら名盤の中から、私のお気に入り、mosaicをご紹介です。

 

 

mosaicBlueNote

f:id:gami_bookmark:20161129210208j:plain

 

このジャケ、気持ちよさそうにたたくArt Blakeyの顔がいいです。

私の家ではこのアルバムはジャケットを見せて飾っています。

 

1. Mosaic (Cedar Walton)

2. Down Under (Freddie Hubbard)

3. Children Of The Night (Wayne Shorter)

4. Arabia (Curtis Fuller)

5. Crisis (Freddie Hubbard)

 

このアルバムの中から私が好きな3曲についてご紹介です。

 

1.Mosaic

このアルバムの中で一番好きな曲です。

出だしからかっこよすぎる展開ですね。

この出だしのフレーズはMadlibのBuluNote音源を使ったミックスであるShade of Blueでも使われてますね。

 

その後の展開もスリリングで、ブレイキーのドラムが強烈ですね。

ちょっとドラムソロがくどいかもww

アルバムの始まりには持ってこいの曲です。

 

4.Arabia

曲名通りというか、イメージ通りというか、エキゾチックな曲です。

テーマが癖になります。

フレディハバードと、ウェインショーターのソロが渋くてクールです。

どちらも即興性の高い演奏で聴いててハラハラ。

そこそこ長いソロですし、曲なのですが飽きないです。

 

5.Crisis

アルバムの締めです。

静と動が入り混じっててビッグバンドのような展開。

テーマ部のいわゆる”動”のところでは思わず体が動いてしまいますね。

かなり派手です。

朝方に聴くと気持ち以下もしれませんね。

 

是非、モノラル盤で

私はこのアルバムをステレオオリジナル盤で持っているのですが、モノラルで聴くと音圧がすごいらしいです。

いつもの音量だとうるさすぎるので、下げて聴くとかww

 

是非、モノラルで聴いてみたいものです。

 

なお、CDでももちろん手に入ります