"くらし" と "1人旅" をちょっと豊かにするブログ

子供も使えるようにパソコンを設定しました(Windows10)

3人の子持ちのガミです。

長男は小学校3年生。

学校でもパソコンの授業があったりするらしいです。

というか、近い将来、プログラミングを小学校で習うとか、習わないとか。

ぼちぼち、家でもパソコンを使えるようにしてあげようと思ってます。

 

子供用に新しいパソコンを買うことは経済的にも難しいので、今、家にあるWindows10のThinkPad E550を使わせようと思います。

そうなったらやはり気になるのがセキュリティと、有害な情報へのアクセスですね。

そこでとりあえず我が家で子供が使えるようになるまでに設定したことを共有しておきます。

 

 

Microsoftアカウントを活用

まず、どういうやり方で子供がパソコンを使えるようにするかですが、我が家ではWindowsを使っているということもあり、Microsoftアカウントを利用することとしました。

Macの場合にはペアレンタルコントロールが使えますね。)

 

設定のながれとしては

  1. 子供用のアカウントを作る
  2. 子供用のアカウントでログインできるようにする
  3. 子供のアカウントでの利用制限する

の3ステップです。

結構簡単にできたので、この方法がおすすめかと思われます。

 

ちなみにGoogleのアカウントを作ってみようともしたのですが子供の年齢だとアカウントが作れないんですね…

 

1.子供用のアカウントを作る

まずは、子供用のアカウントを作ります。

親のアカウントでMicrosoftアカウントにサインインします。

ホーム - Microsoft アカウント

 

ここにサインインすると自身のアカウント情報が表示されます。

画面の上部に「ファミリー」のメニューが表示されていますので、そこから自分のファミリーの情報を表示します。

f:id:gami_bookmark:20161205231728j:plain

ここに登録していればファミリーが表示されます。

主に子供ですね。

 

この画面で子供を追加します。

f:id:gami_bookmark:20161205231806j:plain

画面に沿って子供のアカウントを追加していきましょう。

 

2.子供用のアカウントでログインできるようにする

次にお使いのPCで子供用のアカウントでログインできるようにします。

コンピュータの設定から子供用のアカウントを追加です。

f:id:gami_bookmark:20161205232756j:plain

ここからアカウント追加です。

f:id:gami_bookmark:20161205232814j:plain

家族とその他のユーザーを選択します。

f:id:gami_bookmark:20161205233021j:plain

ここでお子様を追加するを選択し、先ほど追加しておいたアカウントを入力します。

f:id:gami_bookmark:20161205233044j:plain

これで、このパソコンで子供のアカウントでログインすることができるようになります。

 

3.子供のアカウントでの利用を制限する

ここまできたらもう少しです。

子供のアカウントが追加できた場合にはアカウント設定画面で以下のように見えます。

f:id:gami_bookmark:20161205233631j:plain

ここで赤枠でかこんだオンラインで家族の設定を管理をクリックするとWebブラウザが立ち上がってMicrosoftアカウントのサイトにジャンプします。

 

追加された子供のアカウントの右横にある下のようなメニューから設定します。

 

f:id:gami_bookmark:20161205234019j:plain

 

この中で

  • 使用時間
  • Webの閲覧
  • アプリ、ゲームとメディア

を設定しました。

 

使用時間

使用時間はこのデバイス(パソコン)を利用できる時間です。

我が家の場合には基本的に親が見ているときしか利用させないつもりですので特に設定していませんが、大きくなったらここで寝る時間までを設定するなど制限できます。

長男、長女、次男それぞれの設定をすることも可能ですね。

 

Webの閲覧

この項目は主に有害サイトの排除です。

成人向けのサイトが閲覧禁止になります。

特定のサイトを許可したり、禁止することもできるので子供がどうしても調べたいといった場合などには許可することができますね。

 

アプリ、ゲームとメディア

こちらもWebの閲覧と同様に有害なものを排除できます。

また、年齢に合わせて使えるもの、使えないものを自動でフィルタリングします。

もちろん購入できないようにする設定もできますよ。

その場合には購入と支払いのメニューから設定します。

 

ポータルサイト

ここまで設定すると有害サイトや、アプリから子供を守ることができます。

ただし、インターネットの世界にある様々な情報には触れてもらいものです。

そこで我が家では以下のポータルサイトを使っています。

kids.yahoo.co.jp

ここのサイトで検索すると子供向けの検索結果が表示されるので安心です。

また、教育用のコンテンツも学年ごとに準備されています。

これはお勉強に使えますね。

f:id:gami_bookmark:20161205234952j:plain

 

さらに、このサイトは学年に応じた読み仮名を出すことができます。

これである程度1人で調べることができるようになります。

 

まとめ

インターネットが発達した社会でインターネットが使えるということは必須の技術になります。

そういう環境に慣れさせるため、子供のうちから触れさせたいと思っています。

ただし、有害な情報からはなるべく遠ざけたい。

親が勉強して、子供にそういう環境を提供しないとダメですね。

今回の設定が正解とは思っていないので、今後も情報収集しアップデートしていきたいと思います。

なんでも使い方です。

子供と一緒にもう一度インターネットや、情報の使い方を勉強したいと思います。

 

子育て関連の記事はこちら 子供と一緒にできるどうぶつ将棋を子供と作って遊んでみました。
子供と一緒にファミコンミニをプレイしてみた
子供用の地球儀は1人で学ぶことのできる「しゃべる地球儀」がおすすめです(パーフェクトグローブ)
イラスト豊富でわかりやすい、小学生の英語辞書はレインボー英和和英辞典がオススメです。
小学3年生の息子のためにパソコンの使い方を教える教科書を作ってみました。(noteで公開中)