ガミログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mission WorkshopのTHE FITZROYを自転車通勤で使ってます。

自転車

片道10キロ弱の自転車通勤をしてます。

自転車通勤用にいろいろバッグを検討して、Mission Workshopのバックパックにすることにしました。 

gamilog.hatenablog.com

 

Mission Workshopのバックパックにはいろいろ種類があるのですが、今回私が手に入れたのはTHE FITZROYです。

毎日の自転車通勤で使っていますがかなり使いやすいです。

f:id:gami_bookmark:20161126100246j:plain

 

ということで、今回は、そのバックパックについてご紹介です。

シンプルなデザイン

THE FITZROYは、Mission Workshopの中でも一番シンプルなデザインだと思います。

f:id:gami_bookmark:20161126084629j:plain

2本のベルトでフラップを止めるタイプです。

前面にマジックテープ式の大きめのポケットがついてます。

これが意外と便利で、自転車通勤の際にはここにカギと財布とスマホを入れてます。

すぐに取り出せるので便利です。

 

カバンの口は折り曲げるタイプで生地はもちろん防水のコーデュラナイロン。

ジッパー類はすべて止水ジッパーで、内側の生地も防水タイプの生地ですので、カバンの中が濡れることはほとんどないでしょう。

Made In USAのタグが誇らしげです。

f:id:gami_bookmark:20161126085513j:plain

 

PCを入れるスペースが便利

フラップを開くとポケットが3つ隠れています。

このポケットが結構便利です。

止水ジップがついたポケットが2つついてます。

f:id:gami_bookmark:20161126093612j:plain

それぞれサイズが違いますのでここにカメラとか、スマートデバイスを入れれます。

下のポケットは結構大きくてタブレットも入る大きさです。

また、PC用の大きめのポケットが1つついてます。

f:id:gami_bookmark:20161126090232j:plain

 

こちらはかなり大きく、上の写真では13インチのVaio Proを入れてみていますが、このまま中まですっぽりはいります。

おそらく15インチのMacBookくらいは入ると思います。

ポケットがカバンの底までは届いていないので、PCを入れて背負うとちょうどPCが浮いている状態になります。

これが衝撃避けになりますね。

容量を拡張

THE FITZROYの特長ですが、容量を拡張できます。

前面のフラップをとめるベルトを伸ばして容量を拡張しますが。

このベルト自体がゴムなので、伸縮できますので、結構自由度をもって止めることができます。

2泊3日の旅行に行くときに拡張させてみたのですが、こんな感じです。

f:id:gami_bookmark:20161126092016j:plain

結構でかいです。

ここまで拡張することは旅行以外ではないですが、心強いです。

我が家ではキャンプの際にはこのバックパックを持っていって、家族の着替えまで詰め込んで行ってます。

背負い心地

背負い心地はかなりいいです。

特に自転車に乗るときには体に沿ってフィットしてずれないですね。

パッドが広くて方への負担が少ないです。

f:id:gami_bookmark:20161126095613j:plain

グレゴリーなどのアウトドアのバックパックはパッドが分厚くて背負い心地がいいですが、あれって自転車乗っててずれるんですよね。

その点このパッドは体と接する面積が多くてずれないです。

 

自転車通勤にはおすすめ

やはり、自転車のことを知っている人が作っているバックパックですね。

明らかにアウトドアのバックパックよりも自転車通勤では使いやすいです。

タイプ、容量もいろいろありますので自分の荷物の量とかも考慮して検討してみてください。