"くらし" と "1人旅" をちょっと豊かにするブログ

[出張メシ]横浜の老舗とんかつ屋で食べる鹿児島とは少しちがうヒレカツ(勝烈庵)

年間100泊程度出張している出張族のガミです。

メインの出張先は横浜で、よく関内に泊まります。

関内地区はビジネス街でもありますし、ホテルも多く、ビジネスマンや、観光客が集まる場所です。 

gamilog.hatenablog.com

 

そんな横浜、関内にはたくさんの飲食店がありますが、有名な老舗のとんかつ屋さんがあります。

それが今回ご紹介する勝烈庵です。

 

katsuretsuan.co.jp

 

私は鹿児島在住ということで、基本的に出張先でとんかつを食べに行くことはないです。

だって、鹿児島のとんかつのほうが絶対おいしいし、安いですから。

とんかつには鹿児島人はうるさいですよぉ。

 

そんな私が(今のところ)唯一、出張中に食べにいくとんかつ屋さんがここ勝烈庵なのです。

 

横浜の名店、勝烈庵

勝烈庵は、昭和2年に横浜で創業された由緒あるお店です。

外国人コックが居留地である関内にもたらしたカツレツをもとに作られたのが現在の勝烈庵のとんかつです。

このカツレツが鹿児島のとんかつとは大きく違うのだと思います。

 

お店のある場所はJR関内、地下鉄関内から徒歩3分くらいです。

大通りから一本入った静かな場所にあります。

店構えが立派です。

f:id:gami_bookmark:20161123215135j:plain

ちなみにこの勝烈庵という字はあの棟方志功がデザインしたそうです。

店内にも棟方志功の作品がいくつかありました。

ってか、このフォントかっこいいですよねぇ。

 

鹿児島にはないとんかつ

メインのとんかつです。

とんかつではなくて、ここのお店ではヒレカツですね。

鹿児島ではロースかつを頼むことがおおいのですが、ここでは毎回ヒレカツです。

 

カツレツ定食 1,500円を頼みました。

f:id:gami_bookmark:20161123215634j:plain

この四角いとんかつが鹿児島にはないヒレカツです。

ぱっと見「足りないかなぁ」と思うのですが、以外とボリュームはあります。

 

薄いとんかつがこんなにおいしいとは思いませんでした。

ちょっと独特なパン粉と、秘伝のたれを絡めたお肉はものすごいうまみがあります。

独特なパン粉のおかげでかなりサクサク感じます。

それがまたおいしさを引き立てていると思いますね。

定食につくあさりの味噌汁との相性もばっちしで、ご飯は軽く2膳いってしまいますね。

 

また、お店の雰囲気もかなりいいです。

お店のおばちゃんたちはものすごく感じいいし、てきぱき動いてます。

今回はカウンターに座ったのですがきれいに磨かれたカウンターは清潔で気持ちいです。

f:id:gami_bookmark:20161123220541j:plain

カウンターの中でも職人さんが1枚1枚丁寧にとんかつを揚げていました。

100年近く前からこういった光景が見られてたんでしょうね。

 

周りにはビジネスホテルも多く、観光で訪れるにはもってこいな場所です。

横浜スタジアムでの野球観戦の前にも使えます。

(営業時間が~9時半なので、野球観戦の後は閉まってますね)

ぜひ、横浜観光の際にはハマッ子のソウルフードである勝烈庵のカツレツ定食をご賞味ください!!